歴史と文化を守る古民家

>

匠の技で住み続ける

古民家の特徴

築50年以上経過した家屋で昭和25年建築基準法制定時に伝統的建築物の住宅、伝統構法としました。茅葺屋根・土間・太い柱と梁の造りです。50年以上の古材利用・50年以上前に建てた古民家を立て直し・伝統的な工法から最近の建物であっても古民家と呼ばれる事が多いです。古民家は便利さよりも昔ながらの生活に憧れる・のんびり暮らしたいと言う価値観を重視した需要があります。
古民家再生と古民家風、耳にした事があります。
「古民家再生」建物を利用して間取りの変更などを伝統的工法で造られます。甦る100年住宅です。
「古民家風」現代的な工法で古き良きモダンな感じを取り入れます。住居環境・機能性では現代の生活に馴染みます。
古民家はいつまでも長くどうにか残したい・使いたい思いから生まれたアイディアです。

古民家リフォーム

味わいや趣を活かして耐震・断熱・設備で安全性・快適性が高くなってます。
間取りを工夫・思い出のある梁・柱を残す・二世帯住宅でバリアフリー・お洒落なカフェ空間が集う場所・愛着のある家を住みやすいようにと目的・用途で古民家リフォームは継承されていきます。
さらに時間が価値を作り上げていきます。進化が早い世の中ですが、古い物を取り入れて時代の流れをじっくり見つめる役割をしてくれるでしょう。職人の技、昔の人の知恵を知り、活かしていけばさらに味わい深くなり、また残していきたいと思います。古民家に合った家具・雑貨で生き生きした生活になります。
西洋文化をミックスした個性的なリフォームにチャレンジするのも楽しいですね。


シェアする